05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

*Cheerful House*

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

くちびるに歌を 

久しぶりに、一気に読み終えた本です。

くちびるに歌を

離島の中学校の合唱部の話。
そ、中学生の話です。
長男に重ねて、わが子のように思いつつ
でもかつて中学生だった自分にも重ねたりして。

大人で、でもこどもだった時代。
今思えば、そんなささいなことで・・・というようなことも
本人にとっては世界の終わりのような一大事だったり。
そういう心の機微を、すごくさらりと書いています。

文章はたんぱくすぎるほど、あっさり。
でも、だからこそじわじわと心の中にしみてくるものがあるのです。
内容はけして軽くない。

個人的には。
もっと主要人物をしぼって ひとりひとりを深くほりさげても
いいのにと思ったりもしましたが
そうすると一気に重たい話になってしまうのですね。
時間が経過するごとに、この本はこれがいいのだと思うようになっています。

合唱部としてのイベントも
個人の思いも
それぞれの事情も。
同じくらいの扱いなのがいい。
だからこそ「中学生」の心情がぐっときます。
いえ、そこも深くは書かれていないのですけどね。

多感な時期を過ごしたかたに。
そして多感な時期を過ごしているひとに。
多感な時期の入口にたっているひとに。
それぞれにうったえてくる物語だと思います。

これ、舞台が離島ってのもポイントですよね。

くちびるに歌をくちびるに歌を
(2011/11/24)
中田 永一

商品詳細を見る


感想文の書きやすい(ある意味難しいけど)本だと思いますよぉ・・・。

スポンサーサイト

category:

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://banikai.blog72.fc2.com/tb.php/465-759bb4fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

カレンダー

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

メールフォーム

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。